とみー(夫)と、ふみー(妻)のフィリピン暮らしの記録

とみーふみーブログ

フィリピンMBA

【フィリピン】マニラでMBAを取る?② デラサール大学の入試と当日のスケジュールについて

投稿日:

mba entrance exam

こんにちは!妻のふみーです!

現役のデラサール大学のMBAコース生です。

入試と、入試当日のスケジュールについて書きます(^0^)

◎合わせて読みたい◎

スポンサードサーチ

当日の流れ

事前にもらった受験票には

7:30にMain Campus集合、8:00試験開始

とありました。

が、渋滞に巻き込まれて遅刻したくない…!

と、6:45に着きました。

「早く着きすぎたかな〜」

と思ったらすでに12-13人くらいいた…!

7:30までに着いた人は門の横の椅子で待機


7:30 入場開始

身分証と受験票を係員に見せて入場

指定された部屋(ヘンリーモール?の4F)に入室


8:00前 試験問題が配られる

手元に届いた人から試験開始(選択問題、2時間半)


10:30 選択問題おわり、エッセイ1開始(30分間)


11:00 エッセイ2開始(30分間)

トイレは好きなタイミングで自由にどうぞ、という感じ

問題の内容

選択問題(全85問)…2時間半

内訳:

  • 20問…数学
  • 20問…数学
  • 45問…英語

エッセイ(全2問)…各30分

数学

数学は中学レベルを理解していればOK。

(正直、大学院の入試でこれって大丈夫なのか。。。と思った)

(簡単すぎやしないかね)

  • 図形の面積を求めたり
  • 角度を求めたり(三角関数はいらない)、
  • 割合や比率
  • √と二次関数、四則計算、乗数(2の3乗が8、みたいなやつ)
  • 逆数など。

しかし、

今まで人生で一度も数学を英語で解いたことがないから!!!

逆数とか整数とかの単語!!!

英語でなんていうか知らない!!!

何を求められているかがわからない!!!

(語彙力的な意味で)

なんとなく、なんとなく分かったけどさ、

あってたのかな…どうだろ…

英語

TOEICのリーディングのような

  • 長文を読んで質問に答えるタイプ
  • 短文を読んで続きに適切な文章を選ぶタイプ

に加え

  • 文章の文法を正しくしたものを選ぶタイプ

がありました。

長文はTOEICと違って、経済・経営の単語が多かった気がします。

事前に経営学や経済学の本を読んでいたけど、

日本語で読んでいたので全然アレでした。

文法は中高時代に英文法を叩き込んでくれた先生たちに感謝ですね。

母国語が英語の人には勝てないですが、ある程度は点数とれた…?

エッセイ

1問目

「家族経営に別分野からCEOを連れてくることについての意見を述べよ」

2問目

「組織は常に迅速・柔軟な対応をすることで、継続的な改善をするが、そのことについて批評せよ」

(ただしあなたの意見ではなく、事実を元に書くこと)

でした。

英語で長文を書く練習をすべきだね…なかなか難しいですが。。

ふみー的対策

数学は「英語」で問題を解いてみる。
中学生レベルの。

数学に関連した単語や、数学の問題が英語だとどのように出されるかを知っておくと、かなり良いと思いました。
きっとアメリカやイギリスの中学生レベルの問題が解ければ十分

英語の長文を書く(意見をまとめる)練習。

日本にいると、なかなか自分の意見を英語の長文にすることって無いと思います。


ふみーも日本では仕事で英語でメールしていましたが、

「Please see the attached file(添付ご確認ください)」
くらいしか書いていなかったので、

(さすがにもっと他にあるだろ)

その練習が出来たら良いかな、と。

また、Academic Englishという、学術的な英語の書き方があります。

これとセットで練習出来たら良いかな。

経営・経済の語彙を増やす。

当たり前といえば当たり前ですが、

経営や経済についての文章が多く出てきますし、

受かってからも授業で普通に出てきます。

辞書は持ち込み不可だったので、

自分の頭にできる限り単語を詰め込むしかありません。

ふみーは工学部・工学研究科出身のため、

日本語でも経済・経営の単語が分からないのに、

英語となると…. ⸜( ・ᴗ・ )⸝.

よく受かったよな…


ちなみに、ふみーが必要書類提出時に、受付で

ふ「入試の対策したいから教えてください」

と言ったら、

受付「一般的なことしか聞かないから大丈夫よ〜!」

と言われました。

一般的 is 何

日本人とフィリピン人の一般的って違うよね?????

ん?????

と、一切対策できずに、入試に臨みました。

今後受験する人(がいたら)参考になれば嬉しいです。

スポンサードサーチ

服装

上着(厚手)

フィリピンの商業施設・オフィス・病院、どこでもですが、

冷房が効きすぎています。本当に寒いです。

大学も同じです。

「薄手のカーディガン〜♪」

なんかじゃ何も守れません。防御力低すぎです。

ふみーは

半袖Tシャツ+パーカー

でしたが、もっとあってもいいです。

暑かったら脱げますので、

半袖Tシャツ+カーディガン+パーカー

などで行きましょう。

靴下+靴

常夏フィリピンでサンダルで登校したい気持ちもわかりますが、

めちゃくちゃ寒いです。

足だって冷えます。

靴+靴下で行きましょう。

もし暑かったら試験中に靴を脱げますんで。

スカートより長ズボン

前述のとおり、めちゃくちゃ寒いです。(3回目)

とにかく冷えるので、温かい格好で行ってください。

持ち物

トイレットペーパー

これに尽きる。

まさかの大学にトイレットペーパーが無いっていう。

嘘でしょ大学なのに?!

本当です。

日本人に馴染みのない、シャワータイプのウォシュレットならありますが、

ちょっとふみーにはアレなので、未だに使ったことがありません。

めちゃくちゃ体が冷えるので、トイレが近くなることが予想されるので、

トイレットペーパーをぜひ持っていってください。

フィリピンのウォシュレットについては、こちらを参考に!

モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2

腕時計

どんな試験でもそうですが、時間配分を見るのに必要です。

ちなみに私のいた試験室には壁掛時計がありませんでした。。

時計の代わりに壁にいたのは

キリストさまの像(磔ver)

※この教室は実際の試験室とは異なりますが、学内のどの教室もこんな風にキリストさまがいます

ひざ掛け・ブランケット

私は特に寒がりなので、持っていけば良かったな、と後悔。。

飲み物

私はキンッキンに冷えた水を持っていって一切飲みませんでしたけどね

(寒すぎて)

温かいものがあるとホッとします。


どこへ行くにも、準備のしすぎ、というのは無いと思うので、

入念に準備して試験に臨みましょう〜!

人気ブログランキング

-フィリピンMBA
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© とみーふみーブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.