とみー(夫)と、ふみー(妻)のフィリピン暮らしの記録

とみーふみーブログ

一時帰国

【汚部屋】【写真あり】なかなかフィリピンに戻れないので実家の片付けをした

投稿日:

とみー(夫)です。

マニラのECQが5月末まで延長になり、いつフィリピンに戻れるか変わらないこの状況ですが、今は実家の元マイルームに居候しています。

実家を離れて10年ほど経ったのですが、かつての自室はとても人が住める状況ではなく、この自粛期間の間に大掃除を結構しました!

スポンサードサーチ

実家自室の惨状【閲覧注意】

かつて私が暮らしていた部屋ですが、10年間放置された結果、かなりひどい状況になっていました。下のほうに画像載せます。

例えるなら、「空き巣に入られた倉庫」みたいな。。。

こうなってしまった大きな要因は3つ。

  • 引越のたびに実家に荷物を送りつけていた。
  • 10年間、帰省のたびに見て見ぬふりをしていた。
  • 家族の不用品倉庫になっていた。

上の二つについては、完全に自分の責任です。今回長期実家滞在で、自分の愚かさに気付きました(笑)

片付け前の自室(汚部屋)の写真です↓

足の踏み場が無いとはこのこと。

片付け

1.とにかく捨てる

まず、この圧倒的な物量を何とかしないと、部屋の中の移動すらできません。

服、学生時代のプリント類、読まない本。。。長期間使ってない&使う予定の無いものはすべて捨てました。

意外と場所を取っていたのは、収納グッズ。この4.5畳の狭い部屋の中に、大型スチールラック1台と衣装ケース11段分。衣装ケース6段分を処分しました。

2.売れるものは売る

昔使っていた釣り具、売れそうな本、雑貨類は、フリマサイトで売りました。

これがなかなか無視できない量で、売り上げはなんと10万円を超えました。。。(笑)

どんだけため込んでんねん。

でも思ったことは、「自分で不要と思っても、世の中には必要な人もいる」とこ。

物にとっても、使われずに眠っているより、必要な人に使われるほうが幸せだと思いました。

3.収納ベット設置

今回導入したのが、こちらの畳収納ベット。

引き出しがなく、畳の下が丸々収納ベットになっているので、かなり収納できます。セミダブルで容量なんと675L!

しかも樹脂畳なので、畳も長持ちしそうです。あと畳が軽い!

シングル、ダブルサイズもあります。

ただし、畳を外すのが少し面倒なのが残念。なので、季節家電や思い出グッズなど、出し入れ頻度が少ないものを収納しています。

スポンサードサーチ

アフター!

片付け後の様子!

同じ部屋とは思えないですね。。。

これで、人並みの生活が送れる!わーい。

片付けを終えて

参考になった本

近藤真理恵さんの名前は聞いたことがあったのですが、初めて本を読みました。

片付けの基本は「ときめく物だけ残す」とのことで、今回とにかく不用品を処分しました。

面白いなと思ったのが、「片付けの連鎖反応」。自分のものを片付けを始めると、家族も片付けを始めると本の中に書いてあるのですが、

私が片付け始めると、本当に実家の母と妹まで自室の片付けを始めたので笑ってしまいました。

この本ですが、2020年5月21日までkindleで無料で読めるので、ぜひご覧ください。

物欲が減った

今回、大量の物を処分して、正直に思ったのは、「もったいないな」ということ。

処分したものの中には、ダブっているものや似ているものが結構ありました。筆記用具、服などに多かったです。

買った当時、「これって買わずに、いまあるもので代用できるのでは?」という考えに至っていれば、買わなくても済んだ物が多くありました。

買っても結局ほとんど使わず捨てるのであれば、買わなければよかった。

今回の大掃除で、確実に物欲が減りました。思わぬ良い副作用です。

浮いたお金で、良いもの食べて経済回しましょう!

いかがでしたか?皆さんもぜひ、自粛期間の間に片付けをしてみてください!

人気ブログランキング

-一時帰国

Copyright© とみーふみーブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.